IMA Vol.24

IMA Vol.24

販売価格: 2,138円(税込)

数量:
特集「ミレニアル世代の “イット” フォトグラファーたち」

グローバル化と資本主義経済の成長はすでに限界を迎えたと言われる中で、
巨大国家の思惑の対立は終焉を迎える気配はない。
インターネットやSNSは人々のコミュニケーションを大きく変えたが、
テロの恐怖やフェイクニュースは日常化し、
世界中は出口の見えない不安に覆われている。
人種、家族、ジェンダー、宗教、紛争、移民、アイデンティティ、ダイバーシティ、
さらにはテクノロジーの発展がもたらした功罪̶̶

既存の価値観が大きく揺らぐ時代に、前世紀から私たちが抱えてきた問題から
新たに勃発した問題まで「ミレニアルズ」と呼ばれる世代は真っ向から直面している。
写真はそれらを乗り越えられるのだろうか。
まだ不器用で未成熟ながらもビジュアルという武器を片手に
毅然と立ち向かう彼らの、いまもっとも新しい表現に向き合ってみよう。

掲載作品
ハーレー・ウィアー/ジエハオ・ス/ハリット・スリッカオ/
メイジー・カズンズ/ドリュー・ニコノヴィック/エルサ・レイダー/
アルーナ・カネヴァシーニ/ジャシー・ヤン/マリア・グルズデヴァ/
ノエル・オズワルト/石場文子/マイルズ・ロフティン/フィッシュ・チャン/
草野庸子/ドリス・セガース/ジャン・ヨウイ/アレクサンドラ・ハンツ/ 宮崎いず美
文=若林 恵、福原咲子、ジョエル・ヴァシュロン

■写真シーンの新世代
自由に活動を繰り広げる写真シーンの次世代を牽引するキーパーソンたちに、
それぞれのヴィジョンや彼らから放射線状に延びるネットワーク上にいる、
刺激的な仲間について話を訊いた。

■操作された写真
写真は記録であり、写されたイメージはその確かな証拠である。
しかし、ありのままに記録することは、真実を写しているといえるだろうか?
ここで紹介する3名の写真家は、いずれも元のイメージに手を加え、操作を施す。
そこからはもうひとつの真実が浮かび上がってくるのだろうか?
ヴェロニカ・ゲンシツカ/小池健輔/キム・ジンヒ
文=ミヤギフトシ

■写真家の食卓 西野壮平× 中村裕太× 鈴木ヒラク
写真家が料理を振る舞い、ゲストとのトークを繰り広げる連載第3弾。
三者三様の作家たちをつなぐ回路とは?