126 POLAROID さよならからの出会い

126 POLAROID さよならからの出会い

販売価格: 3,080円(税込)

数量:
ポラロイドという一時代の象徴に向けられた、別れと、そして再会
ページをめくるごとにそれぞれの想いが溢れ出す

瞬時に現れる写真とその独特の質感、特有の形と余白...
老若男女、たくさんの人々を魅了して来たポラロイド。
あのフィルムに少し色あせた様子で、世界に一つしか無い在りし日の思い出の一枚が
押し入れのどこかにしまい込まれている、という方も少なくは無いだろう。
そこに添え書きもあればまた、思い出は鮮やかに蘇る。
日常の一場面から、写真家による作品集まで、ポラロイドは人々の生活に多くの彩りと愉しみを与えた。

2008年、生産中止という一つの終焉を機に多摩美術大学がスタートさせた「さよならポラロイド」展。
東京、京都、大阪へとタイトルを変えながら続いて来たこの、ポラロイドを "偲ぶ会" は
フィルムの再生産という知らせと共に、新しい可能性を歓び祝う "出会いの会" として
横浜美術館で新たなスタートを切る ―「126 POLAROID -さよならからの出会い-」展。

写真家、美術家、研究者、学生と、様々な背景を持ちここに集う126組の映し出した色は
わたしたちにどのような出会いをもたらしてくれるだろうか?
ユーモアに富んだデザインにも心躍る、スタイリッシュな図録。

参加者:
荒東さおり、阿部知代、荒川健一、荒木経惟、安藤紘平、安藤麻衣、飯沢耕太郎、井口友信/小松いつか、石井茂、石川直樹、石田尚志、石塚元太良、石原晶子、石原康臣、井野辻学、植松葵、上山まい、榎本了壱、大木裕之、大沼洋美、岡本仁、大日方欣一、尾本純一、勝又邦彦、加納豊美、神吉優、川崎詩織、かわなかのぶひろ、神林環、神林優、菊池レオ、北雄太、木下薫、金瑞姫、木村和代、熊谷隆志、黒山真吾、呉弦佑、小島康敬、小杉阿有子、後藤天、小部俊裕、斎木克裕、斎藤友博、坂口真理子、佐々木成明、佐々木晴菜、佐藤梓、佐藤志保、佐藤祐樹、聡子、さわたりしげお、沢渡朔、島小織、下田亜紀、下里愛子、白井晴幸、新津保建秀、菅原一剛、杉戸洋、杉本博司、鈴鹿芳雄、鈴木志郎康、鈴木心、鈴木秀ヲ、鈴木芳康、鈴木余位、高田祐里、高野滋人、高橋周平、高橋信行、武居京子、竹内裕二、玉井美世子、玉淵早苗、津田直、霍見ふみや、虎岩彩、永冨泰高、中村雄太、新田桂、蜷川有紀、仁礼博、萩原朔美、橋本雄、長谷川太論、葉山嶺、原田奈月、東野翠れん、平田ゆりか、深井友美、藤代冥砂、藤村悦洋、船橋陽馬、船山寛子、古山玄、ほしのあきら、本田祥子、牧口秀樹、松井治、港千尋、村山匡一郎、元田敬三、森北伸、森淳一、守本勝英、森山大道、森豊/ジャッキー、矢川健吾、屋代敏博、柳下毅一郎、山口祐子、山崎博、山田敦士、山本圭太、山本渉、行竹亮太、吉増剛造、米澤一恵、米原康正、米光将輝、若木信吾、渡辺伸次


ISBN-10: 4903545628, 13: 978-4903545622
p.160, 25.8 x 17.4 x 1 cm
2010/8/30