Ryan McGinley: Whistle for the Wind

Ryan McGinley: Whistle for the Wind

販売価格: 6,800円(税込)

2000年に学生だったライアン・マッギンレーが寂れたギャラリーで初めての個展を開催、手製の作品集「The Kids Are Alright」を配布。ホイットニー美術館(ニューヨーク)のキュレイターの目に留まり、2003年には最年少で同美術館での個展が開催された。
マッギンレー自身の世代のカルチャーを捉えた作品はドキュメンタリーの面を併せ持つ。本作品集には今まで限定本として刊行された作品集に収録された作品も多く掲載。表紙にはSigur Rosのアルバム「残響」にも提供された「Highway, 2007」。ガス・ヴァン・サント監督との対談なども収録。

ISBN-10: 0847838315, 13: 978-0847838318
p.256, 30.5 x 26.7 cm
2012/5/29

【Ryan McGinley|ライアン・マッギンレー】
1977年生まれ、アメリカ・ラムジー出身。パーソンズ美術大学(アメリカ)卒業。現在、ニューヨークを拠点に活動中。
2003年「The Kids Are Alright」ホイットニー美術館(アメリカ)にて史上最年少で個展開催。2004年「New photographs」MOMA PS1(アメリカ)、2005年「Laboratorio 987: Entre Nosotros」カスティーリャ イ レオン現代美術館(スペイン)、2013年「Magic Magnifier」大林美術館(韓国)、2017年「The Kids Were Alright」デンバー現代美術館(アメリカ)など世界各地で個展を開催。国内では2016年「BODY LOUD!」東京オペラシティアートギャラリー(東京)など。
作品はホイットニー美術館・グッゲンハイム美術館・サンフランシスコ近代美術館・国立肖像画美術館アメリカ)などに所蔵されている。