大竹伸朗: 大竹伸朗展 “ニューニュー”

大竹伸朗: 大竹伸朗展 “ニューニュー”

販売価格: 3,024円(税込)

数量:
A4+変形[297×c.235mm]
初版2000部

2013年に香川の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で行われた同展の公式カタログ。

「大竹伸朗展 ニューニュー」(7月13日─11月4日)は、
高松市美術館で行われた「大竹伸朗展 憶速」、瀬戸内国際芸術祭2013での展示「女根」とともに、
瀬戸内地域でほぼ同時期に開催された大竹の3つの展覧会のうちのひとつとして注目された。

「ニューニュー」では、タイトル通り、新作・近作・未発表作だけが選ばれており、
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館の特徴的な立地環境と建築空間を存分に生かした構成となっている。
ドクメンタ13参加作品の「モンシェリー:スクラップ小屋としての自画像」を含むインスタレーション作品と大型彫刻、
コラージュ作品と油彩、大型のドローイング、小型のグアッシュのシリーズなど、
作品内容も実に多様なものとなった。

カタログは、シート、冊子、DVDに分かれていて、
着脱可能なペーパーファスナーでまとめられている。
作品は、技法あるいは展示空間別に、冊子とシートへと分冊形式で収録。
DVDでは、美術館前の風景から展示室の奥に至るまで、
ビジターの鑑賞経験に沿った映像がおさめられている。

A3を超える大きな8枚のシートには、それぞれ大型のインスタレーション作品を収録。
表には各作品の全体像の裁ち落とし写真が掲載され、ポスターとして掲示することも可能。
裏には細部写真、関連作品、キャプション・データが掲載されている。
サイズの異なる3つの冊子には、
絵画的な作品(油彩冊子とコラージュ・ドローイング冊子)とテキスト・資料を収録。


ISBN-10: 499066566X, 13: 978-4990665661
29.2 x 22 x 1.4 cm
2015/03

大竹伸朗 まとめ

他の写真